iPhoneのカメラの性能について


       

デュアルカメラの存在

iPhoneのカメラを語る上で避けて通れないのがデュアルカメラの存在です。このデュアルカメラはレンズを2つ設け、それぞれのレンズを通して被写体を撮影します。それぞれのレンズは望遠と広角となっており、撮影したいものによって使い分けが可能となっています。さらに、2つのレンズを組み合わせることによってより鮮明で満足度の高い写真が撮影できるとも言われています。

このデュアルカメラはiPhoneにおいてはiPhone7以降の機種に搭載されています。また、画素数に関しては1200万画素を誇っており、この数字は一般的なユーザーにとってみれば行きつくところまで行きついてしまったレベルとも言われています。プロカメラマンとして撮影するような場合には別ですが、一般のユーザーが日々の模様を撮影し、SNSに画像をアップしたり、日々の想い出として残しておく上では何の問題もないレベルに到達していると言われているのです。

ただし、iPhoneはこれまでがそうであったように、常に進化を遂げたiPhoneを世の中に提供してきています。そのため、カメラ機能に関してもさらなる機能の強化をおこない、ユーザーが驚くような次元のカメラ機能を提供してくれる可能性も囁かれています。



 
サイトトップデュアルカメラの存在インカメラのスペック動画撮影モードの特徴リンク集サイトマップ

Copyrightc2017 iPhoneのカメラの性能について All Rights Reserved.