iPhoneのカメラの性能について


       

インカメラのスペック

スマートフォンのカメラ機能はメインカメラに関する話題が多いものです。ご存知のようにスマートフォンにはメインカメラとインカメラがあり、インカメラは主に自撮りなど自分自身を撮影する場合に使用します。しかし、メインカメラとインカメラの画素数には差があります。

そのため、メインカメラの画素数ばかりが話題となり、このメインカメラの画素数が1000万画素越えなどと騒がれたために購入したものの、インカメラを使用して自撮りをおこなったら、画質がひどかったというような残念なエピソードを抱えてしまう方もたくさんいました。人によっては自撮りが楽しみという方も多いわけで、そういう方にとってみればメインカメラ以上に大切な存在となるのがインカメラなのです。

しかし、iPhoneのカメラに関してはそんな残念な状況がほとんど聞かれないとの評判があるのです。どういうことかと言えば、iPhoneはインカメラに関してもその重要性は熟知しており、徹底したこだわりをもっているのです。そのため、最新のiPhoneXを例に挙げればメインカメラは1200万画素となっていますが、インカメラに関しても700万画素を誇っており、満足いく写真が撮影可能となっているので安心できます。



 
サイトトップデュアルカメラの存在インカメラのスペック動画撮影モードの特徴リンク集サイトマップ

Copyrightc2017 iPhoneのカメラの性能について All Rights Reserved.